医療法人 メドック健康クリニック

医療法人 メドック健康クリニック 診療時間

電話番号 人間ドック専用052-752-1125。外来一般診療用052-752-1135。

温熱療法とは?

温熱療法とは

ヒトの細胞は42.5(~43)℃以上に温度が上がると急速に死んでしまいます。この原理を利用してがん細胞の温度を選択的に上昇させ、がんを死滅させる治療法が温熱療法(ハイパーサーミア)です。がん以外の正常組織は、がんと同じように温められても血管が拡張して血液がたくさん流れることにより、血液が熱を運び去ってくれるにで、正常な細胞が死滅することはありません。ところが、がん組織の中にある血管は温められても拡張することができないのでラジェーターの壊れた車のようにオーバーヒートしてしまい、がん細胞だけが死滅します。

温熱療法(ハイパーサーミア)の特徴

1.治療率が向上する

がんの種類に関係なく効果が得られ、放射線や抗がん剤に抵抗性のがんにも効果を発揮し、治癒率を向上させます。

2.適応範囲が広い

早期のがんだけでなく、再発がんや転移性のがんにも応用でき、延命効果と症状緩和が得られます。

3.身体にやさしい治療

副作用が少なく、状態が不良な場合にも適用できます。また、長期間(1年以上)にわたって何回でも治療可能です。

ハイパーサーミア

ハイパーサーミアは正常組織にダメージを与えることなく、がんの病巣のある領域を治療することができるにで、副作用や後遺症などがありません。
回数に制限なく、手術や放射線治療をした後でも施行でき、他治療方法との併用も可能です。42~44℃の加温による「がん組織の直接的な壊死効果」とともに、周辺組織も39~41℃に加温されることによって「宿主免疫の活性化効果」をもたらします。40℃前後のマイルド・ハイパーサーミアで「免疫力を高めてがんを撃退する」という面の研究も進んでいます。

4.高周波による領域加温の特性

●42℃以上
がん組織の直接的な壊死効果
●39~40℃
宿主免疫活性化効果
(樹状細胞、NK細胞、インターフェロン-γ)
薬剤の取り込みの増大、エンドルフィン活性

▲ トップに戻る

温熱療法(ハイパーサーミア)の治療内容

患部にゼリーを塗り、温熱の出る機器を直接肌へ密着させ、治療します。治療には通常40分~1時間ほどかかります。汗を多くかきますので、治療の前後での水分補給を心がけてください。
(着替え、タオル類は当院で用意いたします。)
温熱療法(ハイパーサーミア)についての詳細は、「メドック健康クリニック 温熱疫療法外来」までお問い合わせください。

▲ トップに戻る